【十三参り】について

十三詣り(じゅうさん まいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成った事に感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事です。
(丁度誰もが中学生に上がる春休みの時になります。)

「智恵詣り」または「智恵もらい」ともいいます。

参拝の最初に半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため(例えば命・心、女子では美・雅といった文字)それを虚空蔵菩薩に供えご祈祷を受けて、帰りにはお守り・お供物を頂き、親に感謝を述べ、箸はこの日最初に頂く食事の時から使いはじめます。

お守りは、勉強机に一つと毎日の通学用の鞄に一つを使用し、家族でお供物を頂き子の成長をお祝いします。

参詣の帰路、本殿を出たあと、後を振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまで、又は渡月橋を渡り終るまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通さなければなりません。

空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来します。
また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承されてきました。

関西では七五三よりもこちらのほうが盛んで、中でも、京都嵐山の法輪寺様 が有名です。

最近では関東でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになりました。

服装は少年は羽織袴、少女は成人式と同じ振袖を、肩上げをして着るのが原則ですが、結婚しても着られる色留袖、訪問着、小紋、女袴の場合もあります。

又、少女は、この時に初めて化粧(厚化粧の場合も多い)をして貰う場合が多く、京都では、極稀に舞妓変身して参拝する場合もあります。

●詳しくは法輪寺様のホームページにてご確認下さい。