【お宮参り】について

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。
生後1ヵ月頃の都合の良い日を選んで神社に参拝し、お子さんの誕生を祝い健康と長寿を祈ります。
正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とする地域が多いようです。
最近では、天候や休日等の都合に合わせ、赤ちゃんやお母さんの体調と相談して決めることが多いようです。


お宮参りの由来と目的

昔は医療技術の不足などから、赤ちゃんの健やかな成長は神頼みに近いものがあり、それに因んだ行事が多くありました。

お宮参り(初宮参りとも言います)もそうした行事ののひとつで…

  • 赤ちゃんと土地の守り神である産土神(うぶすながみ)との対面の儀式
  • 氏神様を参拝することで新しい氏子として祝福を受ける儀式
  • お産を「けがれ」とし、お宮参りで母親のけがれを祓う忌明けの儀式

...などと、地域により意味合いが違うところはありますが、基本的には赤ちゃんが初めて公式に外出して神社に参拝するという行事です。


お子様の額に印を書く風習=「あやつこ」

あやつこ(「綾子」または「阿也都古」)というこの風習は、特に関西で残っているようです。
東北地方では、「やすこ」を書く、とも言われています。

子供の「お宮参り」の時に、鍋墨(なべずみ)や紅などで、額に「×」、「犬」と書くことをいいます。
古文献によれば、これらの印は紅で書いたとありますが、紅は都の上流階級でのみ使われたことから、一般の庶民は「すみ」、それも「なべずみ」で書くのが決まりであったと伝えられています。

この「なべずみ」を額に付けることは、家の神としての荒神(こうじん)の庇護を受けていることの印であることを明示し、それに触れることを禁ずるという意味だそうです。

「犬」と書くのは、イヌの子は良く育つということに由来するとされています。

京都では「この子が大きくなりますように」との願いをこめて、男の子の額には「大」、女の子の額には「小」と書いていました。「小」の字には「優しく育って欲しい」との願いがこめられているようです。